2020-05-20

編む 展覧会「きのふいらつしつてください」・完成内見会

 

 

空家買取再販プロジェクト第一弾「編む yokoyamacho」の改修完成に際し、

彗星倶楽部さんと共同で展覧会・内見会を開催いたします。

ぜひ命を吹き込まれた建物の姿とともにお楽しみください。

 

◎会場となる「編む yokoyamacho」は展覧会後に販売いたします。
物件の販売価格や詳しい資料等は近日中に掲載いたします。

 

展覧会『きのふいらつしつてください』

 

日時:2020年6月13日(土)~28日(日)13:00~19:00 (要予約)

※6月26日(金)・27日(土)・28日(日)は不動産購入者様向けの内見会です

会場:「編む yokoyamacho」金沢市横山町18-34(google map)

予約方法:こちらのサイトからご予約ください。

1組3名様までご来場いただけます。

 

展示作家(50音順)
今村 文 Fumi Imamura
伊佐治 雄悟 Yugo Isaji
小沢 裕子 Yuko Ozawa
道念 邦子 Kuniko Donen
中川 智映子 Chieko Nakagawa
中嶋 寿子 Toshiko Nakajima
中森 あかね Akane Nakamori
山本 優美  Masami Yamamoto
山下 千代子 Chiyoko Yamashita

主催:彗星倶楽部 ・ことのは不動産株式会社
助成:公益財団法人渋谷学術文化スポーツ振興財団

 

~彗星倶楽部から~

金澤というところは不思議なところで、戦火を免れたことで迷路のような路地を残したというだけではなく、町家の坪庭の暗がりに、人びとの暮らしの所作に、何か余所者にはわからない金澤人の沈黙を沈殿させているのです。
室生犀星は戻ることのできない昨日を一編の詩にしました。
「きのふいらつしつてください」と私たちは突き放され、過去への戻り途も見つけられず、未来の不確かさの前で茫然と立ち尽くすのです。
歴史をつなぐものとして、せめてこの古都の片隅に楽園を希求し何かを手探りすることだけが、唯一できることなのかも知れません。
横山町の町家は昭和二年に建てられ、かつての柱、壁、天井などを残しながら、家に残る記憶をほどいて編みなおすがごとく改修されました。私たちはその過程の目撃者としてこの展覧会を行うものです。
各作家は先人の残したものを縁(よすが)に制作をいたしました。展示はこの場所でただ一度きりのものとなります。
町家の新しい貌に、沈殿していた家の記憶が暗示されるような展示になっていたら幸いに存じます。

カテゴリー

最近の投稿

過去のすべての記事